校長あいさつ

令和4年(2022年)度 Withコロナの時代を迎えて

   ニューヨーク日本人学校は、ここグリニッチの地で、透き通るような青い空のもと、歴史と伝統を感じる校舎で2022年度を迎えました。今年度は、4月より通常登校がスタートでき、子供たちの明るく元気な姿により学校は喜びで溢れております。しかし、この校舎とも6月いっぱいでお別れし、8月から始まる2学期は、新校舎での学校生活が始まることとなります。この校舎とのお別れを惜しみながら<1学期を充実したものにし、2学期からは新校舎で新たな歴史を積み重ねてきたいと考えております。
   さて、新型コロナウイルス感染症はまだまだ収束したとは言えませんが、ニューヨークは「With コロナ」として、新しい生活様式での対応が進んでいます。私たちニューヨーク日本人学校では、新型コロナウイルス感染拡大防止に十分配慮しながら、このようなコロナ禍の中で米国社会との共生を図りつつ、どのようにすればよりよい教育活動を進めることができるかを常に模索していきたいと考えております。そして、以前にもましてより良い学校となるよう一致団結して教育活動を進めていく所存です。
   本校の教育の大きな特徴は、日本の学習指導要領に基づいた教育を根幹としながら、米国社会にあるという教育環境を生かし、英語教育に力を入れたカリキュラムを実施しているところです。週4時間のネイティブの現地採用英語科教員による習熟度別の英語の授業を1学年(小学校1年生)から9年生(中学校3年生)まで実施し、また豊かな感性を身に付けるためART(図画工作と美術)の授業も英語で実施しております。また現地との交流授業を積極的に行っております。このような取り組みは、子供たちが将来、国際社会でグローバルな視点をもち、のびのびと自己の個性を発揮して、ともにたくましく生きる力の育成に繋がるものと考えます。
   今後も保護者の皆様をはじめ、文部科学省、在ニューヨーク日本国領事館、ニューヨーク日本人教育審議会の皆様、並びに関係諸機関の皆様のご理解と心温まるご支援をいただき、本校の発展に努めてまいりたいと存じますので今後ともよろしくお願い申し上げます。

ニューヨーク日本人学校 校長
岡田 雅彦