コンテンツへスキップ

リバーサイド校舎初の1学期終業式

 ニューヨーク日本人学校(コネチカット州グリニッチ、岡田雅彦校長)では、7月14日(金)に1学期終業式が行われました。
 昨年夏の校舎移転後、新校舎で迎えた初めての1学期終業式となりました。1学期はスクールピクニックや運動会などの学校行事、委員会やクラブ活動、そして日々の学習などを通して、心身ともに大きく成長した児童生徒たちの姿が見られました。
 児童代表の言葉では、2年生の代表児童が、運動会や、生活科でグリニッチアベニューを訪れたこと、野菜や花などを育てたこと等、たくさんの思い出ができたことを振り返りました。また、9年生の代表生徒は、1学期を終え、残りの学校生活を悔いのないものにしたいと、目標とする進路を見据え計画的に学習する夏にするとともに、2学期への行事への意欲を述べました。
 岡田校長は、移転後の1年間、そしてこの1学期間が大変充実した生活だったことを振り返り、児童生徒に向け、「1学期の学びをしっかりと振り返り、さらに自信を付け、2学期以降の学びにつなげてほしい」また「夏休みならではのたくさんの経験をし、体も心も成長させてほしい」とエールを送りました。
 2学期には、リバーサイド校舎が1周年を迎え、生徒会を中心に記念行事も企画しています。ニューヨーク日本人学校は新校舎で2年目の歩みを進めていきます。

This will close in 15 seconds