和太鼓公演

 ニューヨーク日本人学校(コネチカット州グリニッチ、岡田雅彦校長、PTO 天目祐二会長、児童生徒数 99人)は、11月18日(金)2年間に渡り開催を控えていたゲストを招いての催しをPTO主催で行いました。
Yoko Nakahashi Fellowship Ensemble の皆さんの公演会では、4人のパフォーマーの和太鼓の音色が会場中に響き渡りました。披露していただいた演目の中で「天下詔福息災延命」という子供たちの健康を願った威勢のよい掛け声がかけられました。初めて和太鼓の演奏を聴く子供も多く、子供たちは、大小様々な太鼓を演奏するパフォーマーの太鼓の音と動きに釘付けにされました。
 後半は、ワークショップで全員が太鼓を叩くことを体験し、大きく、力強くばちを動かす大変さを実感したり、太鼓を叩く楽しさを味わったりしました。
 また、リーダーの中松陽子先生から和太鼓を演奏する難しさや喜びをうかがうこともできました。日本に古くから伝わる和太鼓を生演奏で聴き、体験する貴重な機会になりました。