1月書き初め大会表彰

 1月12日、13日、毎年恒例となっている新年の行事「書き初め大会」が行われた。児童や生徒たちは、コロナ禍中にあっても新たな年の始まりの喜びを胸に、元気に筆を走らせていた。今年度は、密にならないように時間や場所をずらして開催し、全校児童生徒は、広く間隔を取って書き初めを行った。
 12月の書写の授業や冬休みの課題で練習した成果を存分に発揮し、1・2年生は硬筆、3~9年生は毛筆で心を込めて書き上げた。
 ニューヨーク日本人学校では、毎年書き初め大会の審査を行っており、今年度も厳正なる審査の上、各学年から金賞、銀賞、銅賞の作品が選ばれた。どの作品も、力強くのびのびとした作品ばかりだった。今後も、日本の伝統文化を体験できる機会を大切にしていきたい。