校長あいさつ

 

ニューヨーク日本人学校のホームページへようこそ!

本年度、文部科学省より派遣されました、校長の 小島 昇 です。

 ニューヨーク日本人学校(The Japanese School of New York / The Greenwich Japanese School)は,ニューヨーク日本人教育審議会により、1975年、ニューヨーク州ジャマイカ・クイーンズに開設された、北米で最も古い日本人学校です。1992年には、児童生徒数の増加により、ニューヨーク州に隣接する緑豊かな環境の良いコネチカット州のグリニッチに移転し、現在に至っています。

本校の教育内容は、日本国の文部科学省、ニューヨーク州及びコネチカット州の認可条件による教育基準を満たしているため、日米双方の学校に編入学することができ、いずれの上級学校にも進学することが可能です。教育指導については、文部科学省から派遣された教員が、きめ細かく学習指導要領に準拠した指導を行っています。また、米国人教師による英語、ARTなどの授業も展開し、日米2カ国語を通して両国文化の学習指導を実施しています。

初等部1年生から中等部9年生までが、同じ校舎で学び、生活している本校では、異年齢・異学年の交流が自然に行われ、思いやりの心をもつ素直な子供たちが育っています。お手本となる上級生の姿があり、下級生も目指すべき具体的な姿をイメージできるからこそ、向上心をもって成長しているものと感じています。

 特別支援教育の充実、現地理解教育の推進、習熟度別少人数による英語教育など、本校には、これまで築き上げてきた大きな財産があります。本校の取組みについて、ぜひホームページをご覧いただきたいと思います。 本年度も、心身共に健全で、自らを高めていく意欲とたくましく生きる実践力を身に付けた国際性豊かな児童生徒の育成を図ることを目標に、文部科学省国際教育課、ニューヨーク日本人教育審議会、在ニューヨーク日本国総領事館を始めとした関係諸機関及び保護者の皆様と手を携え、切磋琢磨し合う教職員がしっかりとスクラムを組んで、「SMILEがあふれ、HAPPYを感じられる学校づくり」を進めてまいります。

 


このページのトップへ