8年生修学旅行

8年生13人が、3泊4日の日程で修学旅行に行ってきました。

1日目は、国立公文書館を見学しました。世界で初めて、自由と平等と民主主義を原則とする共和制国家を出現させた「独立宣言」と「合衆国憲法」の実物を見ることができました。その後、この自由と独立を守るために命を落とした人々が眠るアーリントン墓地で無名戦士の墓に献花しました。参列した人々から「CONGRATULATION」と声をかけられました。

2日目は、民主主義の中心である議会と裁判所を見学しました。世界最大の議会図書館では、生徒達はその壮大さに驚き「知る権利」「表現の自由」が民主主義を支えていることを実感していました。午後は、事前学習をして立てた計画にしたがってスミソニアン博物館群で班別学習を行いました。見学場所では、それぞれの担当生徒がガイド役になって見所を案内しました。

3日目は、航空宇宙博物館別館を見学しました。空を飛ぶこと、より遠くへ、より早く行くことを夢見て、不可能を可能にしてきた人類の歩みを目の当たりにすることができました。39回の宇宙旅行を終えたディスカバリーの実物にみんな感動していました。午後は前日に続いて班別学習を行い、夕食後のイルミネーションツアーでは宇宙旅行を理論的に可能にしたアインシュタイン像で記念撮影もしました。

4日目はボルチモアのフォート マックヘンリーで、アメリカ国家の由来を映画で学びました。その後、偶然一緒になったNavyの皆さんと一緒に当時の(星が15の)星条旗を掲揚しました。

帰校後は、班別学習のまとめに取り組んでいます。各班ごとに班別学習で学んだことや感じたことをポスターにまとめて10月4、5日の学習発表会で展示発表する予定です。