4年生社会科移動教室(警察署・消防署)

4年生の社会科では,私たちの暮らしを守っている人たちや施設について学習しています。学習を進めていく中で生まれた疑問を解決するために,Greenwichにある警察署と消防署に見学しに行きました。

警察署では,パトカーをはじめ,通信司令室や留置所の見学を行いました。通信司令室では,市内のパトカーや救急車の位置をGPSで把握したり監視カメラの画像を映したりするモニターがたくさんあり,911に電話をするとここにつながることを教えてもらいました。また,逮捕された人が収監される留置所の見学では,建物がパトカーから降りてすぐに留置所に移動できるように設計されていることなどを教わりました。パトカー見学では,パトカーにコンピューターがついていることやSWATチームが乗る車両の大きさに驚いていました。

消防署ではまず,火事になった時の避難方法や,自分の服に火がついたらどうするかを具体的に説明してもらいました。次に消防車の見学をしました。消防車には火を消すための設備だけではなく,人を助けるために必要な道具もたくさん装備されていました。子供たちは初めて見る備品に目を輝かせていました。「どうして消防士になったのですか。」という子供たちからの質問に,見学を担当してくださった消防士は「たくさんの人を助けることができるからです。」と答えていました。

こうした活動を通して,今までの学習が深まっただけでなく,日本の消防署との違いも知ることができました。わたしたちの安全な暮らしの陰で,たくさんの人が働き,支えてくれているのだと学ぶことができました。大変有意義な移動教室となりました。4年生の社会科では,私たちの暮らしを守っている人たちや施設について学習しています。学習を進めていく中で生まれた疑問を解決するために,Greenwichにある警察署と消防署に見学しに行きました。