1学期始業式

4月10日,日本国内や近隣の学校よりも長かった春休みを終え,新年度がスタートしました。バスから降りてくる児童生徒の笑顔から,充実した春休みを過ごした様子が伝わってきました。全校生徒129名での,活気あふれる2017年度がスタートしました。

始業式では新校長の小島校長が,「SmileとHappyの溢れる学校を目指し,行動していきましょう。」と子供たちに語りました。

児童生徒代表のスピーチでは,まず新6年生の代表が発表しました。「積極的にリーダーシップをとりたいです。」「誰とでも仲良くなり,よりフレンドリーになりたいです。」と目標を発表しました。続いて,9年生の代表生徒は,「毎日出会う人に心を込めてあいさつをして,GJSのみんなとの関係を大切にしたいです。」「全員で授業や行事に全力で取り組み、人生に刻み込める1年にしていきたいです。」と決意を力強く述べました。

新年度のスタートにふさわしく,やる気に満ちあふれた式となりました。