4年生学校間交流

1月19日(木)にEagle Hill Schoolを訪問しました。子供たちは「英語で積極的にコミュニケーションをとる」ことをめあてにして,相手校の友達と積極的に関わり,楽しい時間を過ごすことができました。

子供たちは,アイスブレイクで行ったヨーヨーでホスト役の友達と少しずつ仲良くなりました。緊張もほぐれたところで,先生から「Martin Luther King, Jr.」についての話がありました。英語での説明にも関わらず,熱心に聞き入る子供たち。彼が行った功績について知ることができました。その後,平和な世界や差別の無い社会の実現を願い,植木鉢にマリーゴールドを植えました。植木鉢には,子供たちの願いを表現したイラストを飾りました。

楽しい時間は,あっという間に過ぎてしまいました。ホスト役の友達とたくさんコミュニケーションを取り,子供たちは絆を深めることができました。

2月15日(水)には,Eagle Hill Schoolの友達を招待して,日本文化を伝えることにチャレンジしました。久しぶりの再会で,子供たちは緊張気味でしたが「じゃんけん列車」を行うと緊張はほぐれ,みんなは笑顔になりました。

子供たちが準備をしたパペットショーでは,日本の浴衣について,楽しく,分かりやすく話すことができました。担当した子供は,毎日練習に励み立派な出し物を完成させました。◯×クイズでは,忍者や侍,食文化について問題を出しました。難しくなりすぎないように言葉を工夫し,英語で説明している姿が印象的でした。そして,日本文化体験コーナーでは,子供たちが手取り足取り,書道や折り紙などを教えました。ペアの友達が上手に文字が書けたり,コマを回せたりしたとき,GJSの子供たちもとても嬉しそうでした。

最後に,Eagle Hill Schoolの友達から,訪問の際に植えたマリーゴールドのプレゼントがありました。GJSの子供たちは,下校の際にもらった鉢植えを大事に抱えてバスに乗り込んでいました。

たくさんの刺激を受け,「思ったことや考えたことをもっと英語で上手に伝えられるようになりたい!」と米国社会や英語の学習に対する意欲もさらに高まりました。アメリカ文化を理解する気持ちや態度につながる有意義な交流となりました。