1年生学校間交流

11月30日,KING校の1年生15人を本校へ招待しました。「進んで英語を使って交流しよう!」「パートナーとお友達になろう!」という二つのめあてをもって挑みました。まず,体育館でWelcome Ceremonyを開き,アイスブレイクとして「じゃんけん列車」を行いました。初対面で緊張気味の子供たちでしたが,「じゃんけん列車」で一気に打ち解け,みんな笑顔で楽しみました。その後,おもちゃフェスティバルを行いました。「Squid Rattle Game」「Kendama Game」「Air Plane Game」「Fall Toys Game」「People Bowling Game」「Pom Pom Hit Game」「Scared Ghost Game」の7つのお店と,一つのプレゼントチーム「Ghost Tongue Team」に分かれ,自慢の手作りおもちゃでおもてなしをしました。遊び方を自分たちで考え,ゲームのルール説明を英語で練習して挑みました。どのお店も盛況で,英語を話そうと努力したり,ジェスチャーで遊び方を伝えたりしました。ゲームの賞品として渡した折り紙も,とても喜んでもらえました。最後に,新聞紙でかぶとを作ってプレゼントしました。「ずっと笑顔を見せてくれたから気持ちが伝わった気がする。」「また来てほしいな。」などの感想をもちました。

12月5日,第2回目の学校間交流はKING校を訪問しました。子供たちは,それぞれKING校の児童とペアになり,パートナーと一緒に「着せ替えゲーム」や「言葉探しゲーム」,「スノーマンゲーム」などを行いました。人形になかなかうまく服を着せることができず,パートナーの子と楽しそうに笑い合う児童の姿や,協力しながら言葉を探し,顔を見合わせにっこりと微笑む姿などが見られました。子供たちはとても楽しそうでした。ゲームで交流を深めた後は,体育館へ移動し,リレー遊びやピン倒しゲームを行いました。KING校の友達と思い切り体を動かし,大いに盛り上がりました。

子供たちは,2日間の学校間交流を通して 「英語が通じて嬉しかったよ。」「もっと英語の勉強を頑張りたいと思ったよ。」という感想をもちました。日頃学習している英語の力を試すと共に,仲良く交流することができ,子供たちは満足感でいっぱいでした。