初等部学習発表会 6年生

【期日】10月26日

【場所】講堂

【内容】 6年生学習発表会演目『ぼくたちの決断が世界を救う』

学習発表会では、どの子供たちも、堂々と舞台に立ち、自分の役を全力で演じきることができました。

6年生のテーマは、「平和~意見が対立してしまった時は~」でした。学習発表会に向けて、平和とは何かを考えていくなかで、国語や社会、平和集会を通して学んだ「相手との違いを認める、受け入れることが大切だ。」という思いをクラス全員が共有しました。

この平和への想いを、南北戦争を題材に、そこで戦った人々の苦悩を知り、少しずつ変わっていく子供たちの様子を劇で表現しました。劇で戦争を題材に扱うにあたって、低学年から大人まで、見ている人に分かりやすく伝えようと、スライドなど表現方法を工夫しました。また、その当時の時代背景や生きていた人々の気持ちに想いを馳せて、もし「自分の家族だったら?」「自分の大切な人だったら?」と自分に重ねながらその役を演じようと努力しました。一つ一つのせりふに魂を込めて演じようと、実行委員を中心に毎日の練習に意欲的に取り組みました。

幕が開く直前、子供たちの表情は引き締まり、成功への強い意志を感じました。そして開幕・・・今まで積み重ねた練習の成果を発揮し、全力で役を演じきり、全員が最高の演技をすることができました。最後の合唱曲「友」では、これからの自分たちの決意を織り交ぜながら力強く歌うことができました。そして、歌い終わったあとの観客の拍手を耳にして、自分たちの演示が成功したと感じることができました。幕が閉まった後の子供たちは、緊張を乗り越えた達成感と無事に終わった安堵感にあふれていました。

今回の学習発表会を通して、仲間と助け合い、心を一つにして作り上げれば、その「本気」が人の心を動かす大きな力となることを学びました。この経験を生かして、卒業へ向けてさらにクラスの団結力を高めていきたいと思います。