初等部学習発表会 5年生

いつも周りの人に支えられていることを宿泊学習で気付きました。お家の人が工夫して料理をしてくれていることを家庭科で実感しました。励まし合い助け合うと,心が温かくなり,力も湧いてくることを体育で証明しました。5年生が今まで学習したことをもとに,1つの劇が生まれました。

ソフトボール大会にレギュラーとして参加することができず,夢を見失った少女,舞。何もかもが嫌になったとき,未来からきた不思議な少年ケイと出会い,精神だけ入れ替わることに・・・。未来でケイとなって目覚めた舞を待ち受けていたのは,一切の自由が許されない厳しい学園での生活でした。厳しい教師たちと夢や個性を失いかけている生徒たち・・・。未来の世界で起こる出来事を通して,舞は身の回りにあった「何気ない日常の幸せ」に気付いていきます。

約3週間の練習期間。子供たちは係活動,演技,合唱,会の運営に精一杯取り組んできました。毎回自分の演技を振り返り,次の目標を明確にして取り組んできました。場面の背景,役柄,それを伝えるための話し方,動きなど,子供たちは役に成り切るために徹底的に研究しました。合唱も短い練習期間の中で,ハーモニーを作り上げ,口をしっかりと開けて思いを込めて歌えるようになりました。その成果は,本番で存分に発揮されました。会が終わった後の子供たちの表情は清々しく,そして光り輝いていました。全力を出し切って疲れているはずですが,それ以上に満足感や達成感で満ちあふれていました。「練習の成果をしっかり発揮できた。」「自分たちの思いを伝えることができた。」という感想を言い合う子供たち。18名の最高の仲間と試行錯誤しながらも精一杯の努力をして作り上げたこの学習発表会の経験は,子供たちのこれからの財産となりました。