8年生ART科移動教室

6月24日(金)、8年生がART科移動教室で、Isamu Noguchi Garden Museumに行きました。

ガイドの方と一緒に鑑賞する中で、美術館の設計に際して、イサム・ノグチさんが建物の設計や、一つ一つの作品の配置、作品と作品との空間も彫刻だと考えたことを聞きました。また、アメリカや日本の文化にインスピレーションを受けて、作品を制作していたという説明を受けました。意図的に作品のタイトルを隠して展示されているので、何からヒントを得たか、何に見えるかなど、ガイドの方と活発に意見を交わしながら作品を鑑賞しました。

鑑賞後、感じたことをもとに、「プレイフルとファンクション」というテーマで、作品づくりを行いました。生徒は「彫刻だけでなく、その影などの空間もイサム・ノグチのARTだと分かった。」「単純な作品にも意外性がある。」「イサム・ノグチのように、日本ではできない経験をアメリカでたくさんして、これからの生活や将来にも役立てたい。」などと感想を述べていました。

Isamu Noguchi Garden Museumならではの空間で、じっくりと芸術に触れる機会となりました。