3学期始業式

1月4日,日本国内の学校よりも一足早く冬休みを終えて,3学期が始まりました。朝,バスから降りてくる児童生徒の笑顔から,充実した冬休みを過ごした様子が伝わってきて,活気あふれる学校再開となりました。

始業式では最初に藤永校長が,「フィギアスケートの羽生弓弦選手の言葉『一番の敵は,自分自身です。』という言葉を紹介し,己に打ち勝つ一年にしましょう。」と子供たちに語りました。

児童生徒代表のスピーチでは,まず5年生の代表児童が「ニューヨーク日本人学校に来て,新しい先生や友達との出会いがありました。2016年も新たな出会いを大切にします。また,三日坊主を卒業して,下級生から目標にされる6年生になります。」と決意を語りました。続いて,8年生の代表生徒は「中等部目標である『時を守り,場所を清め,礼を尽くす』をもっと徹底していきたいと思います。特に笑顔で,大きな声であいさつをします。気持ちの良いあいさつで,寒さに負けない心温まる学校にしていきたいです。」学校のリーダー的存在としての決意を力強く述べました。

最後に5年生の代表児童によるピアノ伴奏で,校歌を合唱して,3学期のスタートにふさわしく,やる気に満ちあふれた集会となりました。