Archive for August, 2013

3年社会科移動教室 Stew Leonard’sに行ってきました!

Uncategorized on August 27th, 2013 Comments Off

3年社会科移動教室Stew Leonard’sに行ってきました。この記事はこちらから。

校長室の窓から NO100 ワシントンDC道中膝栗毛・その24(2013・8・24)

Uncategorized on August 24th, 2013 Comments Off

フォートマクヘンリーを出発して、昼食会場へ。ここでグループごとに思い思いの昼食を取り、少し早めにボルチモアを発ちました。 注文はバッチリ。英語?余裕、余裕。 グループで食べる最後の食事。最後まで楽しく食べました。(私のアイパッドが見えています。この時も、ブログを打っていました。) 食べ終わった後は、モールを散策。楽しくおしゃべりして過ごしました。 お土産物屋もひやかしました。 途中休憩は2回。移動距離・移動時間は膨大。でも、子供達はDVDを見たり、おしゃべりをしたり、居眠り(というより爆睡)をしたり、と思い思いの過ごし方で楽しみました。到着までには、いろいろありましたが、結局予定時刻より少し早め。 到着直前の子供達は、「あ〜あ、もう着いちゃった!」との感想をもらしていました。わかります。それだけ充実していたということです。  

校長室の窓から NO99 ワシントンDC道中膝栗毛・その23(2013・8・24)

Uncategorized on August 24th, 2013 No Comments

フラッグチェンジを体験し、要塞も見学、アメリカ国歌ができた経緯もわかって十分成果が出たのですが、ここでフォートマクヘンリーのスタッフから提案がありました。 「時間があるなら、こちらのスタッフ(レンジャー)のワークショップがあるので参加して見ないか?25分だ。」 聞いてみると、独立戦争の経緯をわかりやすく解説するワークショップ、とのこと。幸い、予定より40分以上早く進んでいたので、「25分間ならちょうど良いだろう」と思い、ワークショップへの参加を決めました。 ところが、これからが長かった!スタッフは、いつにない大人数(GJSツアー25名がいたため)に「やる気スイッチ」が「ガシャーン!」と大きな音で入ってしまったようなのです。 スタッフは、大きな身振り手振りで熱く独立戦争を語り出しました。ふと気づくと、終了予定の25分をすぎても、まだ熱く語ります。 ワークショップのボランティアに参加したGJSの3人。 その頃から、さすがのGJSの生徒も疲れがで始めました。子供達の顔をみると、皆無表情。というより、幽体離脱したというか、異次元の世界に行ってしまったような表情でした。 ワークショップにGJSの8年生がボランティアで参加していたこともあり、中座することもできず、結局最後までワークショップに参加しました。終了は、40分後。皆、疲れました。でも、アメリカ人の愛国心を実感できた、という点では良かった! 40分のワークショップが終了すると、ダウンする子も。

校長室の窓から NO98 ワシントンDC道中膝栗毛・その22(2013・8・24)

Uncategorized on August 24th, 2013 Comments Off

フラッグチェンジの儀式が始まりました。スタッフが「国旗が巨大なので、手伝ってくれるボランティアを募集します。」と言いました。 そこで登場したボランティアは?そうです。GJSの8年生。19人全員と私の総勢20名で巨大なアメリカ国旗をもち、広げて行きました。広げた大きさは、畳4条半もあったでしょうか。21人がちょうど適度な人数となりました。アメリカ国旗を持っていた全員が日本人ということで、その場にいた、アメリカ人(7・8人はいたでしょうか?)がこんな重要な儀式に参加していていなかったことを、私は心配しました。 その心配は、次の瞬間杞憂となりました。アメリカ人親子が国旗がつながったロープを引き上げる係になったのです。彼らがロープを引き始めると、巨大なアメリカ国旗はあっという間に空高く舞い上がりました。そして、見事なくらい美しく大空にはためきました。感動の儀式でした! この後、要塞に移動し、イギリス軍とアメリカ軍の古戦場跡を見学。200年前に思いを馳せ、アメリカ国歌誕生の様子を思い浮かべました。 フォートマクヘンリー要塞を上から眺めました。 夜通しの大砲の打ち合いの末、アメリカ軍が勝利。その勝利を人々が知ったのは、早朝アメリカ国旗がはためていていたを発見したことによります。 記念撮影をし、シアターへ移動。シアターでは、アメリカ国歌誕生の経緯をわかりやすい映像を鑑賞しました。 映像の最後では、アメリカ国歌が高らかに歌い始められました。国歌が始まると、担任が子供達に起立を指示。すると、それに合わせて、座っていた他の観光客も起立。その様子を見ていたスタッフは、映像終了後、 「起立してくれてありがとうございました。」 とお礼を述べていました。 「国歌が始まったら、起立する」という世界の常識を担任の指示で守る体験をしたことは貴重でした。 シアター。この大きな窓にスクリーンが下りてきて、映像を見ます。

校長室の窓から No97 ワシントンDC道中膝栗毛・その21(2013・8・24)

news on August 24th, 2013 Comments Off

校長室の窓から NO97をUPしました。この記事はこちらから。

校長室の窓から NO96 ワシントンDC道中膝栗毛・その20(2013.8.24)

news on August 24th, 2013 Comments Off

校長室の窓から NO96をUPしました。この記事はこちらから。

校長室の窓から No95 ワシントンDC道中膝栗毛・その⑲(2013。8。23)

news on August 23rd, 2013 Comments Off

校長室の窓からNO95をアップしました。この記事はこちらから。

校長室の窓から No94 ワシントンDC道中膝栗毛・その⑱ (2013・8・23)

news on August 23rd, 2013 Comments Off

校長室の窓からNO94をアップしました。この記事はこちらから。

校長室の窓から NO93 ワシントンDC道中膝栗毛・その⑰(2013・8・23)

news on August 23rd, 2013 Comments Off

校長室の窓からNO93をアップしました。この記事はこちらから。

校長室の窓から NO92 ワシントンDC道中膝栗毛・その⑯(2013・8・22)

news on August 23rd, 2013 Comments Off

校長室の窓からNO92をアップしました。この記事はこちらから。