3学期始業式

 1月6日,穏やかな新春の陽気の中,3学期始業式が行われました。
 始業式では,小島校長が,今年の箱根駅伝で新記録誕生の要因として注目を浴びたランニングシューズについて話をしました。「一足のシューズに注ぎ込まれている先進の技術の高さは言うまでもないが,それを使用する選手の相当たる努力あっての記録誕生。皆さんの中からも人の役に立つような技術を開発する人が生まれてほしいと願うとともに,努力をし続けることの大切さをぜひ忘れないでほしい」と呼びかけました。次に,児童生徒代表が3学期の抱負を述べました。5年生の代表児童は,「下級生をサポートできるような存在になること」を目標として挙げ,そのために,「現6年生の姿を見てたくさんのことを学んでいきたい」と述べました。8年生の代表生徒は,「3学期の行事に全力で取り組み,仲間と共に楽しむ機会にしたい」と述べました。
 新年にあたり,全校の児童生徒が自分の目標に向けて,気を引き締めていました。