5年生学校間交流(招待)

   11月9日(金)、本校へBruno M.Ponterio Ridge Street School(RSS)の5年生を招待しました。子供たちは「日本の文化を体験してもらい、笑顔になってほしい!」「英語を使いながら、交流校の友達と仲良くなりたい!」という思いをもって招待の準備を行ってきました。
   まず、自己紹介を行い、有志の子供たちによる剣道のパフォーマンスの披露から交流が始まりました。その後、みんなで「リーダー探しゲーム」を行いました。最初は互いに緊張していた様子でしたが、ルールやゲームのポイントが分かってくるとリーダーやファインダーの役割をしたい子でいっぱいになる程、大いに盛りあがり、ゲームが終わるころには和やかな雰囲気になっていました。
   次は、日本文化体験です。習字・折り紙・影絵・お箸の使い方の4つのブースを準備しました。習字コーナーでは、パートナーの名前を一緒に書き、出来上がった作品をしおりにしてプレゼントしました。折り紙コーナーでは、ハローフォックスや鶴、手裏剣を一緒に作りました。RSSの子供たちは全てを作ってみたいという子が多く、GJSの子供たちはパートナー以外の子たちにも教えながら完成させることができました。できた作品を大切に持って帰った子がたくさんいたのが印象的でした。その他にも、影絵でストーリーを作ったり、お箸を使ったタイムアタックゲームなどをしたりして一緒に楽しみました。最後に、写真撮影を行い、次回の訪問の約束をして別れました。
   短い時間でしたが「今回は大成功だった。」「交流校の友達が笑顔になってくれたよ。」「仲良くなれたよ。」と子供たちはとても満足したようでした。また一つ、子供たちに貴重な思い出ができました。