スクールフェスティバル 1年生

 1年生スクールフェスティバル 劇「世界でいちばんHappyなかぶ」
 1年生のステージ発表は、劇「世界でいちばんHappyなかぶ」です。国語の学習で身に付けた上手に音読する力と、生活科の時間にアサガオやパプリカを育てて学んだ知識を生かして発表しました。初めてのステージ発表に向けて、せりふを覚えたり、動きを考えたりと、階段を一段一段上るようにじっくり練習してきました。本番ではその成果を見事に発揮し、15人が力を合わせて、ワンダフルなステージにすることができました。
 1年生は「多くの人の前でも、堂々と声を出せること」「様子を想像してせりふを考えられること」の二つの力を伸ばそうと、8月から取り組んできて、この日はついに最後の日となりました。子供たちは、全員本番に向けて気持ちが高まっていました。本番直前に教室で練習をしたときには、どの子も大きな声を出し、動きやみんなが同時に話す場面も、完璧でした。「全然緊張しない。」という子もいて、ステージ度胸に驚かされました。
 本番では、大きな声でせりふを言ったり、ステージを広く使って大きく動いたりして生き生きと演じることができました。最後のダンスも楽しそうに踊ることができ、演じた子供たちはもちろん、観客もみんなHappyな気持ちになりました。