スクールフェスティバル 2年生

 2年生スクールフェスティバル 劇「お手紙~The another side of the story~」
 2年生が演じた「お手紙~The another side of the story~」は,アーノルド=ローベル原作の「お手紙」を基に創作しました。かえるくんからの手紙をがまがえるくんに届けるために,かたつむりくんとその兄弟たちが,旅に出るお話です。それぞれキャラクターが違うカタツムリの兄弟たちが,心優しい子供たち,九九が覚えられないと嘆きながらもどこか楽観的なインコたち,ひたすら脚力を鍛えるうさぎの親子,寂しさを抱えているきつねに出会いながら,がまくんにお手紙を届けました。
 台本を手にしてから約7週間,子供たちは,練習や準備を本当によく頑張りました。始めは,自分のせりふを覚えることで精一杯だった子供たちも,練習を重ねるうちに身振り手振りを交えながら表現豊かに演じたり,他の役の台詞も覚えたりするなど見違えるほど上達しました。個性的な役柄が多かったのですが,子供たちはそれぞれの役柄の特徴をつかみ,登場人物たちに親しみをもちながら,上手に演じることができました。また,練習を通して,ステージ発表を見ているみんなを楽しませるためには,自分たちが楽しんで演じることも大切だと知ることができました。緊張の中にも,これまでの練習の成果を十分に発揮してのびのびと演じることができました。ステージ発表が終わると,みんな満足した表情で「大成功したね。」「(ステージ発表が終わって)ホッとしたよ。」と言い,喜びや安堵の表情を見せていました。