スクールフェスティバル 3年生

 3年生スクールフェスティバル劇「わたしたちの大切もの~世界の平和に向けて~」
 3年生の劇の~テーマは「国際理解」です。1学期の総合的な学習の時間に「世界の国々」について学習しました。劇では、いろいろな国について調べたりまとめたりしたことを、発表会という形で紹介していきます。後半は、世界の国々の良さを知ることで、日本の良さに目を向け始め、日本も世界も大切にしようという子供たちの願いが込められた物語となっていました。観客のみなさんに楽しんでもらおうと、演技や鍵盤ハーモニカの演奏の練習に取り組み、3年生の気持ちが観客に届くように演じました。
 自分たちの調べた国々を、どのように伝えるか、意見を出し合いながら演出を考えました。せりふに合わせた言い方や動きだけでなく、せりふのないときも表情や動きが大切だということを、常に意識しながら練習しました。また、鍵盤ハーモニカ演奏や、合唱の練習も毎日一生懸命取り組んできました。
 当日、教室で子供たちは「ドキドキする!」「早く演じたい!」などと、それぞれの思いを語っていました。本番直前、ステージの幕の後ろで円陣を組み、「がんばるぞ!」の掛け声で気合を入れた瞬間、子供たちの心は一つにまとまりました。幕が開くと、そこには自信をもって立派に演じる9人の子供たちの姿がありました。テンポよくせりふをやり取りするタイミングや壇を下りて演じる動きなど、子供たちの「上手に演じたい!」「観客を楽しませたい!」という強い思いが伝わってくる演技に、感激しました。
 終了後の子供たちは「始まったら全然緊張しなかった!」「楽しかった!またやりたい!」と、充実感あふれる笑顔で感想を話していました。