GJSスマイルデー

 10月4日は世界スマイルデーでした。今年は,本校でもこの日を「GJSスマイルデー」とし,全校でスマイリーフェイスのイラストや黄色いものを身に着けたり,黄色い衣服を着用したりして過ごしました。
 学校ではスマイリーフェイスのステッカーを予め準備し,児童生徒と教職員に配りました。頭のリボンから靴まで黄色でコーディネートした子がいました。お母さん手作りのスマイリーフェイスの髪留めやバッジを使っている子は,とても嬉しそうにしていました。朝は周りの反応を気にしながら,上着の下の黄色いシャツを見せなかった子供たちも,時間の経過とともに安心して黄色くなっていきました。教員はバナナの着ぐるみやスマイリーフェイスのシャツ,ピカチュウのニット帽などで,事務室の職員も黄色いシャツで子供たちを迎えました。
 日本の年度で教育活動を展開している本校では,ちょうどこの時期が1年の折り返しになります。目指す学校のイメージである「SMILEがあふれ,HAPPYを感じられる学校」を,スマイルデーの取組を通して全児童生徒と教職員が再認識することができました。年度後半もCOLLABORATEしてSMILEとHAPPYを追求していきます。