NY日本人学校で入学式

4月11日,入学式が行われました。
式には,在ニューヨーク日本国総領事館首席領事・阿部康次氏をはじめ,来賓が臨席し,新入生の入学を祝福しました。小島校長は,式辞の中で,30名の新1年生,新7年生に向けて「Smileを学校にいっぱいつくること」「みんながHappyになれる学校をつくること」そして「お互いを思いやり,キラキラとThank youがあふれる学校にするためにどうしたらいいかを考え,実行してほしい」と祝いのメッセージを送りました。
その後,児童会代表の6年生と生徒会会長である9年生から,学校行事の紹介や自らの経験に基づいたアドバイス,温かい歓迎の言葉が送られました。また,新入生を代表して新7年生の生徒が「勉強も行事も全力で取り組むこと」「互いを思いやり,助け合い切磋琢磨することで,仲間との真の友情を築くこと」「アメリカ社会・文化を学び,日米の相互関係に貢献できる力を身に付けるため,常に努力すること」を目標に掲げ,「ニューヨーク日本人学校の生徒として誇りと責任をもち,一生懸命取り組んでいきます」と力強く誓いの言葉を述べました。初々しい新入生の微笑ましい姿に,参加した在校生や保護者が温かいまなざしを向け,緊張感の中にも温かみのある素敵な入学式となりました。