Monthly Archives: September 2017

9 posts

文化フェスティバル

去る9月30日(土)、ニューヨーク日本人学校PTA主催の「文化フェスティバル」が開かれました。元々は、日本人学校を開放して日本文化を紹介する一大イベントとして始められました。 現在では大人から子供まで楽しめるお祭りとして好評を博しております。心配されていたお天気も問題なく、多くの企業、団体、個人の皆様から温かいサポートをいただきました。PTA執行部一同、心より感謝申し上げます。

1年生生活科移動教室(Stamford Nature Center)

9月20日(水)に、生活科「いきものとなかよし」の学習で,スタンフォードネイチャーセンターへ行ってきました。 子供たちは,事前に「目,耳,口,鼻,しっぽ,足」の中から,特に観察したい部分を決めて出掛けました。学習の目的は,観察名人になること。そのために,「よく見て,よく聞いて,触って,心で感じる」ことを心掛けました。 午前は,ファームで生き物の観察をしました。大きなリャマやアルパカに出迎えられた子供たちは,大興奮でした。図鑑とは違い,動き回る本物の動物に苦戦しながらも,スケッチをしたり,気付いたことを熱心にメモしたりしました。 午後からは,「Meet the Animal」のプログラムに参加しました。チンチラやヘビ,テラピンなど,たくさんの生き物が登場しました。次々と登場する動物たちに子供たちは大興奮でした。様々な生き物に実際に触れることで,感触や特徴を捉えることができました。プログラムを終えて,「カエルの体はしめってたよ。」「フェネックがかわいかった。」などの感想をもつことができました。普段なかなか目にすることができない生き物に触れる貴重な体験となりました。

タウンワイドクリーンアップ

9月16日(土)に、児童生徒、保護者、教職員合わせて約200名が、グリニッチポイントでボランティア清掃活動を行いました。グリニッチポイントは、中等部のスクールピクニックや初等部の生活科移動教室等、学習の場として訪れる場所です。また、休日には家族で訪れる憩いの場でもあります。ニューヨーク日本人学校では、グリニッチ移転当時から、地域貢献の一環として、この活動に毎年取り組んでいます。 まず初めに、グリニッチグリーン&クリーン代表のメリー・ハルさんから、「自然の中で分解されるものは集めず、土に還らないプラスチックやガラスなどのゴミを拾いましょう。」と説明を受けました。その後、海岸沿いのゴミを拾いました。 ビーチだけでなく、海岸沿いの草むらにも分け入り、ゴミ拾いを行いました。約40分の活動で、大量のゴミが集まりました。子供たちは「あそこにも落ちてる!綺麗にしよう!。」「みんなで協力して掃除をすると早く終わるね。」と話しながら、とても意欲的に活動していました。 清掃活動後に、メリー・ハルさんから、感謝の言葉と「来年も続けていきましょう。」というメッセージを受けました。自分にできることを、身近なところから実行する大変有意義なボランティア活動となりました。

4年生社会科移動教室(グリニッチの歴史を知ろう)

9月12日,4年生の社会科で,私たちの学校があるグリニッチの歴史を学んでいます。今回は独立戦争時代に活躍したパットナム将軍を中心に,独立戦争時代の出来事や生活の様子を学習するためにパットナムコテージ,ブッシュホーリーハウス,グリニッチポイントへ見学に行きました。 グリニッチを横断する国道1号線はイーストパットナムアベニュー,ウエストパットナムアベニューと名付けられています。これは独立戦争時代に活躍したパットナム将軍にちなんで付けられました。パットナム将軍は,独立戦争を指揮したジョージ・ワシントンが最も信頼した部下でした。今回は,そのパットナム将軍と深い関係のある,パットナムコテージやパットナムヒルを見学しました。コテージの内部や当時使われていたものを見たり触ったりすることで,兵隊たちの当時の暮らしや,独立戦争での出来事を知ることができました。また,イギリス軍が攻めてきた際パットナム将軍がスタンフォードにいる味方に援軍を求めるために、銃弾を背に受けながらも馬で駆け降りたのがパットナムヒルです。子供たちは「こんな急な崖だったんだ!」と感嘆の声を挙げていました。次に,ブッシュホーリーハウスでは,先日の事前学習で学んだ,サラ・ブッシュさんやブッシュ家の生活の様子を詳しく説明していただきました。また,ワークショップでは,当時使用していた物が,何で作られていて,どのような目的で使われていたかをクイズ形式で学習しました。子供たちは,初めて見る道具に興味をもち,想像力を膨らませながら,その道具の用途などを考えていました。 最後に見学したコンシルロックは,インディアンからオールドグリニッチを買い取った際の契約書に調印した場所です。ただの大きな岩がグリニッチの原点とも言うべき歴史の上で重要な場所だったことを知り,子供たちはこの「会議の岩」を熱心に見学していました。 説明の多くが英語にも関わらず,真剣な表情で話を聞いたり,「What’s this?」と英語で積極的に質問したりする姿が多く見られ,感心しました。また,事前学習したことを実際に目にすることでより深く理解することができる校外学習となりました。

6年生ボストン修学旅行

9月6日~9日に6年生10名で修学旅行を行いました。英語学習の成果を生かして、主体的にアメリカ独立と建国の歴史を学ぶ旅行となりました。 初日は、1620年にイギリスから渡った102人のピルグリム達が、最初に降り立った『アメリカの故郷』と言われるプリマスを訪問しました。原住民のワンパノアグ族とピルグリム達の生活を再現したプリマスプランテーションを見学しました。子供たちは、17世紀当時の人々に扮したキャストに、直接様々な質問をしました。自給自足の生活を送る人々に驚きながらも、素直に感じた疑問を解決しようと精力的に見学しました。その後、ボストン市内へ移動し、ボストン・ティーパーティーミュージアムを見学しました。アメリカ独立の機運が高まる大きなきっかけとなった重要な事件の話を、全て英語での説明にも関わらず、真剣な表情で聞くことができました。 2日目は、ボストン市内のフェンウェイパークを訪問しました。メジャーリーグ最古の球場としての歴史やレフト側にそびえ立つグリーンモンスター建設にまつわる話に、子供たちは熱心に耳を傾け、積極的に質問をして理解を深めました。その後、アメリカ独立の歴史に触れることができる全長4kmのフリーダム・トレイルを歩きました。ボストン・コモンを出発点にオールド・ノース教会やポール・リビアの家などの歴史的建造物や史跡を見学をしながら、事前学習で決めた個人のテーマを元に調べ学習を進めることができました。昼食はクインシー・マーケットで、班ごとに名物のクラム・チャウダーに舌鼓を打ち、仲間との一時を楽みました。天候に恵まれ、声を掛け合いながらチームワーク良く行動することができました。集合場所のバンカーヒル記念塔では、フリーダム・トレイルを踏破した達成感と充実感に溢れた子供たちの笑顔が輝いていました。 3日目は、科学を体験的に学習できる、ミュージアム・オブ・サイエンスを訪問しました。物理学や生物学、考古学に至る展示物に直接手を触れながら学び、科学に対する興味関心をさらに深めることができました。子供たちは各ブースにとても興味をもち、じっくりと見て回っていたので、時間が足りなくなる程でした。 日頃の学習をもとに、アメリカ建国の歴史や文化に触れることができた有意義な3日間となりました。

8年生修学旅行

8年生13人が、3泊4日の日程で修学旅行に行ってきました。 1日目は、国立公文書館を見学しました。世界で初めて、自由と平等と民主主義を原則とする共和制国家を出現させた「独立宣言」と「合衆国憲法」の実物を見ることができました。その後、この自由と独立を守るために命を落とした人々が眠るアーリントン墓地で無名戦士の墓に献花しました。参列した人々から「CONGRATULATION」と声をかけられました。 2日目は、民主主義の中心である議会と裁判所を見学しました。世界最大の議会図書館では、生徒達はその壮大さに驚き「知る権利」「表現の自由」が民主主義を支えていることを実感していました。午後は、事前学習をして立てた計画にしたがってスミソニアン博物館群で班別学習を行いました。見学場所では、それぞれの担当生徒がガイド役になって見所を案内しました。 3日目は、航空宇宙博物館別館を見学しました。空を飛ぶこと、より遠くへ、より早く行くことを夢見て、不可能を可能にしてきた人類の歩みを目の当たりにすることができました。39回の宇宙旅行を終えたディスカバリーの実物にみんな感動していました。午後は前日に続いて班別学習を行い、夕食後のイルミネーションツアーでは宇宙旅行を理論的に可能にしたアインシュタイン像で記念撮影もしました。 4日目はボルチモアのフォート マックヘンリーで、アメリカ国家の由来を映画で学びました。その後、偶然一緒になったNavyの皆さんと一緒に当時の(星が15の)星条旗を掲揚しました。 帰校後は、班別学習のまとめに取り組んでいます。各班ごとに班別学習で学んだことや感じたことをポスターにまとめて10月4、5日の学習発表会で展示発表する予定です。

2年生生活科移動教室(The Maritime Aquarium)

7日に、2年生が生活科の学習で、The Maritime Aquariumへ行ってきました。これまで、国語科で「スイミー」「どうぶつ園のじゅうい」の学習をしました。また、生活科では生き物を育てたり観察したりする学習に取り組んできました。今回の移動教室は、その発展的な学習です。 子供たちは、「生き物の動きや形などの特徴、変化や成長の様子をじっくり観察しよう」というめあてをもって学習しました。「エイを触ったら、ツルツルしていたよ!」「カブトガニには目が10個もあるんだ!」など、子供たちは初めて知る事実に、驚きの声をあげながら、水族館内を見学しました。 The Maritime Aquariumは、サメやエイに直接触れることのできるタッチプールがあり、とても魅力的な水族館です。子供たちは、体験を通して生き物について学ぶことができました。今後は、観察してきたことをもとに、一人一人がお気に入りの海の生き物の絵を描き、展示して水族館を再現する予定です。

3年生社会科移動教室(Stew Leonard’s)

 5日(火)に社会科移動教室で,スーパーマーケット見学を行いました。店内の様子や,そこで働く人の仕事内容について学習しました。  はじめに、店員さんに店内を案内していただきました。働いているなかでの苦労や喜び、工夫など、たくさんのことを教えていただきました。お客さんに喜んでもらう多くの工夫を発見し、子供たちは楽しみながら見学することができました。 従業員の方に質問をさせていただく時間もありました。「このお店で大切にしていることは何ですか。」という質問には「お客さんのことを第一に考えること。そのために毎日新鮮なものを置いたり、お薦めの物を試食できるようにして、買い物をしやすくしています。」と答えてくださいました。お客さんに喜んでもらうために,スーパーマーケットには多くの工夫があることに触れることができました。 見学中には、ドーナツやアイスクリームなどを試食させていただき、子供たちはとてもうれしそうでした。今回の移動教室で、普段の買い物では気付かないことを学ぶことができました。