Yearly Archives: 2017

64 posts

2学期終業式

【日時】12月22日 【場所】本校 講堂 【内容】2学期終業式を行いました。 小島校長がスライドを見せながら,2学期の振り返りを行いました。様々な行事や日々の学習を通して,キラキラと輝いた子供たちの姿を紹介しました。子供たちは,スライドを見ながら,自分たちが充実した日々を過ごし,成長できたことを再確認できました。3学期も「聴いて,考えて伝える学習」「思いやりの心」「健康な身体」を大切にして欲しいということを話しました。 次に,児童・生徒代表がスピーチを行いました。1年生の児童は「2学期に頑張ったことは,学習発表会とコカリナコンサートです。成功して嬉しかったです。みんなで協力することと努力を続けることの大切さを学びました。」と発表しました。7年生の生徒は,2学期の生活を振り返り,スピーチを行いました。「仲間と試行錯誤しながら,学習発表会の演示を作りあげることができました。また,サッカー交流でチームメイトと切磋琢磨頑張ったことで,達成感を味わうことができました。充実した2学期でした。」と発表しました。 最後は,7年生の生徒の伴奏による校歌斉唱です。充実した2学期を表すような元気な歌声が,講堂に響き渡りました。

5年生学校間交流(Bruno M. Ponterio Ridge Street校 訪問)

【日時】2017年12月7日(木) 訪問 【場所】Bruno M. Ponterio Ridge Street School 【内容】5年生学校間交流 アメリカの地で大きな絆を築きました!  ニューヨーク日本人学校5年生の子供たちが、Ridge Street School(RSS)に訪問しました。到着すると、RSSの友達がたくさんの笑顔で出迎えてくれました。  初めに、「自己紹介ゲーム」をしました。前回の学校間交流では、パートナーとの自己紹介のみでしたが、今回は全員で行いました。お互いの好きなものを聞いたり、話したりして、RSSの友達全員と仲が深まりました。次に、ミュージックルームに行き、ビデオを見ました。RSSの友達の学校生活がまとめられたものです。RSSの先生や友達が撮影・編集したビデオ映像に、現地校ならではの子供たちの日常を垣間見ることができました。そして、「24Game」と呼ばれる計算ゲームをグループで楽しみました。カードに記された四つの数字を、素早く四則演算で24にするゲームです。計算が得意な子供たちも初めて行うゲームに悪戦苦闘しました。しかし、24にする方法を思い付いたときには、大いに喜び合っていました。その他にも、紙コップや紙皿、フォークなどを使い、高く物を積むゲームを行い、盛り上がりました。  最後に、外に出て、ボールや遊具で元気よく遊びました。パートナーからの英語のヒントを一生懸命に聞きながら、仲良く交流することができました。  初めから終わりまで、RSSの友達に温かいおもてなしをしてもらった子供たち。お別れの時には、とても名残惜しそうな様子が見られました。子供たちは、アメリカの地でまた一つ大切な絆を築くことができました。

6学年 社会科移動教室(国際連合本部、グランドセントラルターミナル)

12月1日に,社会科移動教室でグランドセントラルターミナルと国際連合本部を見学しました。 まず訪れたのは、グランドセントラルターミナルです。グランドセントラルターミナルは、1903年から10年間かけて建設し、1913年に完成した世界最大のターミナルです。子供たちは、星座の天井や、ささやきの回廊など100年を超える歴史に触れ、感嘆の声を上げていました。 次に訪れた国際連合本部では,1945年に設立して以来継続してきた国際平和や経済の発展,人権への取組について学びました。ツアーでは,主要機関である総会や経済社会理事会,信託統治理事会などが行われていた会議場に実際に入ったり,地雷やギターになったライフル,広島で原爆にあった聖・アグネス像を見学したりしました。事前学習で国連について調べた成果が発揮され,国連が掲げる精神や,世界に対して担う責務などについて,ガイドの方の説明にしっかりと頷く様子が見られました。また「常任理事国と非常任理事国はどのようにして決まったのか。」「国連の事務総長に選ばれるのはどのような人か。」など,たくさんの質問をして学ぶことができました。問題の解決に向けて国連が行っている様々な活動やその努力を知り,平和集会や国語の学習,学習発表会などを通して考えてきた平和について,さらに広い視点で理解を深めることができました。その他にも,自宅あての絵はがきを地下階にある国連郵便ポストに投函したり,お土産を購入したりするなど,見学の思い出づくりができました。 真剣に話を聞き,メモをとり,質問をして,世界が協調することの大切さを学ぶことができた有意義な見学となりました。

6年生学校間交流

【日時】11月17日(金) 【場所】本校(大多目的室) 11月17日に学校間交流で、Eagle Hill School(EHS)を本校に招待しました。今回の交流では、EHSとGJSの子供がペアになり、一緒に様々な活動をしました。 デモンストレーションでダンスを披露したり、皆でゲームをしたりするうちに、初対面同士の緊張も解け、笑顔が多く見られるようになりました。次に、日本の文化体験として、「日本語」「めんこ」「将棋」「日本の便利な文具」のブースを回りました。親切に遊び方や使い方を教えてあげる子供たち。「将棋」のブースでは、ルールを英語やジェスチャーで説明し、将棋を楽しむことができました。一緒にブースを回って体験をすることで、とても仲良くなることができました。みんな堂々と英語で、日本文化の特色を伝えていました。 これまで子供たちは、日本の文化をどう伝えるか、一生懸命に考えて準備を進めてきました。体験の説明書を分かり易く図を用いて作った子。スピーチ原稿を進んで暗記してきた子。自分の英語が伝わるように何回も練習した子。子供たちのたくさんの努力がつまった学校間交流となりました。

カーネギーホールコンサート

【日 時】平成29年(2017年) 11月12日(日) 【場 所】カーネギーホール 11月12日(日)に、世界で活躍するコカリナ演奏家、黒坂黒太郎さん、そして、歌手の矢口周美さんによるコカリナコンサートがカーネギーホールで行われました。 4月19日にニューヨーク日本人学校で行われたコカリナミニコンサートで、黒坂さんよりコカリナをプレゼントされて吹き方を教えていただきました。それ以来、このカーネギーホールでの演奏を目標に  子供たちは一生懸命練習に取り組んできました。 コンサートでニューヨーク日本人学校の子供たちは、東日本大震災の巨大津波に耐えた、陸前高田「奇跡の一本松」から作られたステージ衣装を身にまとい、ステージに立ちました。コカリナで「喜びの歌」を演奏したり、手話を交えながら「世界中の友達に平和を」を歌ったりしました。 コンサート終了後、子供たちは「とても楽しかった。」「音がとてもきれいに聞こえた。」など、実際にカーネギーホールのステージに立って感激していました。子供たちにとって、また一つ素敵な思い出を作ることができました。黒坂黒太郎さん、このような機会を与えていただき、ありがとうございました。

ANA 航空教室

14日(火)の午後,6年生から9年生がANAの方を講師にお招きして,航空教室を行いました。今回の航空教室は4つの教室を使ってパイロット,CA,整備士,運航支援員の4つの職種の方から話を聞くことができました。仕事の内容はもちろん,「どうしてこの仕事に就こうと思ったか」「仕事のやりがいや大変なところはどんなところか」「仕事をするうえで必要なスキルは何か」など生徒たちからは次々と質問が出ました。実際に働いている方から「働く」とはどういうことかを聞く貴重な機会となりました。 終了後,生徒たちからは「働くことの厳しさを知ることが出来た」「自分の仕事に対する責任とプライドを感じた」などの感想が聞かれました。